keijiban.bmp コラムTQE よろず掲示板はこちら(閉鎖中)

コラムTQEや品質工学以外の書き込みが多数投稿されておりますので,
掲示板はしばらくの間,閉鎖いたします.

2014年11月05日

第6話 「目標」と「結果」




 プロ野球大リーグで、
 「年間最多安打262本」という
 前人未踏の記録を達成したイチロー選手が、
 インタビュアーから、質問を受けました。


  イチローさん、
  この記録の次にめざす「目標」は、何ですか。


 この質問に対して、イチロー選手は、
 「年間打率4割をめざします」と答えるのではなく、
 静かな表情で、こう答えました。


  もっと野球が上手くなりたいですね。

  でも、それは、数字には表れないものであり、
  きっと、自分にしか分からない世界なのでしょうね。


 このイチロー選手の言葉は、
 プロフェッショナルの道を歩む人間に
 大切なことを教えてくれます。


  理想形


 一人のプロフェッショナルとしてめざす
 自分にとっての理想の姿。

 それを心に描くことの大切さを
 教えてくれます。

 そして、この言葉は、
 もう一つ、大切なことを教えてくれます。


  数字の「目標」を達成する。
  周囲の「評価」を獲得する。

  それは、理想形を求め続ける人間にとっては、

  「結果」にすぎない。


 そのことを教えてくれるのです。



 2004年11月15日
 田坂広志









バッター.png

<宇井コメント>
品質工学では、「問題が起こる前に問題が起こらないようにする」ことを
目指します。

ところが、一般には、目に見える結果を追い求めがちです。

「理想形」を心に描き、そこを目指す。

品質工学に通ずる話だと思います。


(by TomUi、2014年4月8日)
posted by TQE at 04:44| 田坂広志「風の対話」

2014年04月08日

第5話 「知識」という錯覚




 プロ野球の大打者であった落合博満氏が、
 テレビで、試合の解説者をしていたときのことです。

 その日のピッチャーは、
 切れ味の良いフォークボールが決まり、
 三振の山を築いていました。

 それを見たアナウンサーが、聞きました。


  落合さんなら、あの鋭いフォーク、どう打ちますか。


 その質問に対して、
 落合氏は、答えました。


  あのフォークを打つことは、できますよ。
  あの球は、鋭く落ちるから、
  落ちてから打ったのでは、打てない。
  だから、落ちる前に打てば、良いんですよ。


 この話を聞いた瞬間、
 思わず、「なるほど」と納得しました。

 しかし、すぐに、
 この話の怖さに、気がつきました。

 打撃の奥義を語った、その見事な解説に、
 思わず、自分でも、
 そのフォークが打てるように感じてしまった。
 その錯覚に気がついたからです。

 そして、それが、
 我々が、いつも陥る錯覚であることに、
 気がついたからです。


  深い智恵を、単なる知識として学び、
  その智恵を、身につけたと思い込む。


 我々は、いつも、
 その錯覚に、陥ってしまうのです。



 2004年1月12日
 田坂広志


バッティング.jpg








<宇井コメント>
品質工学を身につける時も、同じような錯覚に陥りがちです。

  「頭でわかったつもりになる。」


「物事に王道はない」。そう覚悟を定め、実践を積み重ねて、
体験知、身体知にすることで、初めて継続的に成果を出せる
ものだと思います。

(by TomUi、2014年4月8日)
posted by TQE at 03:43| 田坂広志「風の対話」

2014年03月11日

第4話 一隅を照らす光



 仕事をしていて、ふと思うときがあります。


  このささやかな仕事が、はたして、
  世の中の役に立っているのだろうか。


 そう思うとき、いつも心に浮かぶ言葉があります。


  一隅を照らす、これ国の宝なり。


 伝教大師、最澄の言葉。

 この言葉は、
 社会の片隅で、思いを込め、願いを込め、
 ささやかな仕事に取り組む我々を、
 ときに、深く励ましてくれます。

 そして、
 この言葉を、静かに見つめるとき、
 この古い言葉が、これからのネット社会において、
 新しい意味を獲得していくことを予感します。

 なぜなら、ネット社会においては、
 社会の片隅の、たった一人の営みであっても、
 それが、人々の共鳴と共感を得るものであるならば、
 瞬時に、ネットを通じて多くの人々に伝わり、
 社会全体に、大きな影響を与えていくからです。

 そのことを考えるとき、我々は、
 この最澄の言葉が、
 新しい時代において、
 新しい意味を獲得することを、予感するのです。


  一隅を照らす、これ国の宝なり。

  そして、ときに、

  その一隅の光が、世界を照らす光となる。



 2003年11月17日
 田坂広志


一隅を照らす2.jpg






(by TomUi、2014年3月11日)
posted by TQE at 04:35| 田坂広志「風の対話」